黄色いピアス

アラサーのころ洗顔法を変えました

微笑む女性

若いころ私は洗顔には特に気を配ってはいませんでした。今から思い返すと乱暴にも思える洗顔をしても特に肌荒れをすることもなく乾燥することもありませんでした。若かったので新陳代謝も良く肌のターンオーバーも正常に行われていたので肌荒れも起きなかったのだと思います。そんな私が洗顔に注意するようになったのは20代の後半になった辺りでした。その頃になって朝の肌の様子がそれまでちょっと変わって来たなと感じるようになったのです。アラサーになり朝の目覚めたときに肌がちょっと突っ張ったように感じられるようになりました。私も歳にあったスキンケアをしなければいけないと思いその中で洗顔法も見直してみたのです。女性向け雑誌の美容記事を読むと洗顔をしすぎるのも肌の負担になるということが良く書かれていました。肌の潤いを保つための皮脂まで洗い流すと却って乾燥してしまうというようなことが書かれていたのです。私が朝に感じていた肌の突っ張りもこういったことが関係しているのだろうと思い試しに朝の洗顔法を変えてみることにしたのです。それまで朝の洗顔のときに使っていた洗顔フォームを使うのを止めてぬるま湯で顔を洗うだけにしてみたのです。こうすることで肌に必要な皮脂が残るためかそれほど乾燥が気にならなくなりその後のメイクも楽になったように感じました。この洗顔は良いと感じているので私は今でも続けています。歳にあったスキンケアをすることが大切だと思っています。

最新の記事

目を閉じる女性

BNLSという施術について

小さい顔になりたいという人がこれまで行っていた施術としては、脂肪吸引やボトックス注射、…